FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿の王

今週のある朝、ふと窓から外をみた時に思わず「あっ」と声を出してしまいました。知らぬ間に家の周りの街路樹の葉がぜんぶ紅葉してました。綺麗だなぁって思う反面、これからやってくる雪深い季節を迎えたくない気持ちも同時にあり複雑。。

MADEの事や製作、職場のハロウィンパーティの準備(!?)などなどすることや考えることがいっぱいの毎日なんですが、頭の中が忙しいとつい現実逃避に走りたくなる私。
IMG_5970.jpg

忙しい時に本にはまるのは危険!と思いながらもつい夜な夜な読んでしまったのがこの「鹿の王」デス。
作者の上橋菜穂子さんが国際アンデルセン賞を受賞した直後でメディアでもかなり取り上げられていたので目にした方も多いのではないでしょうか?発売後コーチャンフォー(地元の本屋さん)で平積みされていた本が数日で全部無くなっていました!
ぎりぎり最後の2冊をゲット!危なかったなぁ~(^^;)

私は上橋菜穂子さんの本は全部読んでて何度も読み返しているほど大ファンなんです。
「鹿の王」は3年ぶりの書き下ろしということもありかなり期待して読みました。そして期待通りめちゃくちゃ面白かった~♪今回は病原菌がテーマ。 国同士の争いにより支配する側とされる側のそれぞれの物語がなぞの病気の発生とからみあって複雑な人間模様や裏表のある政治取引なんかが中心にストーリーが繰り広げられます。
最近エボラ出血熱の感染者が世界各地で発覚したり、日本では蚊が媒体するデング熱患者が見つかり、またシリアの恐ろしいニュースなどを耳にしているので架空の世界の話であっても遠からず現実を物語っているよう。 
難しいテーマではありますが、登場人物が魅力的だし児童文学というジャンルから出版されているので子供から大人も読める内容です。でもどっちかというと彼女の作品の中でも大人な内容だと思いました。 

そういえば、上橋菜穂子さんの代表作「精霊の守り人」が3年後にNHKで実写ドラマ化するそうです。主演は綾瀬はるかさん。これも楽しみですねえ、正直わたしは主人公と女優さんのイメージが合わないのですがでもきっと良い作品ができあがるのでしょう。

さて、現実に戻ってすることせねば!!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。