スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォレストとかホプキンスとか

真冬日が続いている札幌です。日中でも氷点下で寒いですよぉ~。

さて、冬休みに観た映画のはなし。数えてみたら全部で11作品くらいありました。ジャンルも内容もばらばら。ちょっと長くなりますが感想なんぞを書いてみます。

どれも面白かったですがとくに「大統領の執事の涙」が印象深かったです。
「大統領の執事の涙」はアメリカ大統領の執事としてホワイトハウスで34年間のあいだに7人の大統領に使えたという、実際に存在した男性をもとに作られた話です。この男性はもともとアメリカ南部の綿花畑で奴隷として働いていた男性で、彼や家族が歩んだ人生とアメリカにおける人種差別の歴史や公民権運動の様子が同時進行で物語は進んでいきます。思わず顔をしかめてしまうようなひどい人種差別を受けながら戦い続けた人、現実を受け入れて抵抗せず暮らしてきた人、さまざまな想いが交錯します。最後はオバマ大統領が当選するところで話が終わります。それまでの差別を受けてきた多くの人々にとってオバマ氏の当選は奇跡のような喜びと希望を与えたのですね。 
重いテーマでありながら後味が良かったのは、フォレスト・ウィテカーが主人公を演じていたせいかもしれません。彼のひょうひょうとした姿勢やソフトな語り口や物腰の柔らかいところにほのぼのしてしまいました。歳をとってくるとフォレスト・ウィテカーが次第に鶴瓶師匠に見えてきたんですけど。。。似てません??ほかの俳優たちも良かったですよ。大統領を演じていたのもみな好きな俳優ばかりでした。驚いたのは、レーガン大統領を演じていたのがアラン・リックマンていうイギリス人の俳優だったことです。あれは特殊メイクだったんでしょうか、こんな似た俳優さんがいるんだなぁと感心してたけど全然わからなかった。アラン・リックマンていうと、ハリーポッターのスネイプ先生ですよ!?意外なところでは主人公の母親役をマライヤ・キャリーが演じてます。それからホワイトハウスの同僚の一人をレニー・クラビッツが演じていたんですが最後のエンドロールで名前を見るまで気がつきませんでした。すっかりおっちゃんになってちょっとふっくらしてました。

その他 私のお正月映画リスト
・THE EAGLE・・「第9軍団のわし」の映画版 原作からかなり脱線しててがっかり 「リトルダンサー」のジェイミー・ベルが出てます
・ティム・バートンのコープスブライド・・ストップモーションアニメーション ダークな話だけどロマンチックでかわゆい
・Annie・・トゥモーロー♪トゥモーロ♪の歌が頭から離れなくなりました
・キングアーサー・・有名な「キングアーサーと円卓の騎士」の物語をベースにしてる話 キーナ・ナイトレーがとらわれた士族の女性を演じてたんですが戦闘シーンではアバターみたいに青く塗りたくってました 女性が戦う士族もあったらしいです
・ジュラシックパーク・・1作目が一番好きです CGの技術に驚かされた懐かしい映画ですね 
・ジュラシックパークⅡ・・最後は恐竜がアメリカ上陸 なんかドタバタ劇になっちゃった~ 
・ジュラシックパークⅢ・・1作目に登場したサム・ニールが再び登場 やっぱりジュラシックパークには彼が似合うわ
・ベン ハー・・4時間くらいある超大作 意外にはまりました 友情・愛・裏切り・・人間臭さがたまらなく好きです
・モモ・・ミヒャエル・エンデの有名な児童小説の映画化 本の世界を忠実に映像化してたけど本の方が断然良いです
・ザ ライト・・アンソニー・ホプキンス主演のホラー映画 ホプキンス氏がバチカンの悪魔払いのスペシャリストを演じてます 怪演半端ないです。 途中で顔がレクター博士になってました(笑) 気味悪いけど正直怖くないっす ホプキンス好きにはお勧め
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。