FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Congratulations!!!

今日はお友達の話。
esna_su_marzee_graduate_prize_2015.jpg
この存在感のある作品はEsna Suさんの作品です。
ロンドン留学時代に出会ったお友達のなかでも仲が良く、今でも交流のあるエスナ。
彼女は4年前にロンドンのセントラル・セイント・マーチンズという芸術大学のジュエリーコースに入学し、今年の6月に卒業しました。
しかも、 卒業作品が「Marzee Graduate Prize」という賞を受賞したんです!
この賞は20か国、39校の大学中、100以上の卒業作品(ジュエリー)の中から選ばれた7人へ贈られた賞なんだそうです。
自分の友人がこのような名誉ある賞を受賞するなんて、感動。。そして夢のように嬉しい♡ 

テーマは"The Refugee and the Burden " シリア移民の(精神的な)重荷を表現したもの。
 
新聞などの紙や野菜の繊維を乾燥させたものが原料の作品は、身につけると暖かさを感じて着る者を癒す力を持ち合わせていると説明にあります。彼女はトルコ人なのですが、ご両親はもともとはシリア人だそうです。
国同士の争いに巻き込まれ自国を追い出され違う国へ移住せざるをえない移民という暗く重いテーマはご両親が経験した苦労への想いやリスペクトを感じます。

いやぁ、すごいなぁ。。自分が作ってるジュエリーとはまるでかけ離れたテーマであり造形物であってほんとに尊敬しちゃいます。
実は去年体調を崩して一年間大学を休んでいた彼女。辛そうな時に何もしてあげられなかったけど、相当頑張ったんだろうなと思うと涙があふれます・・

エスナとは当時通っていたRichmondにあるジュエリークラスで出会いました。
どんなきっかけで話しだしたとか全然覚えていないのですが、気がついたら仲良し。もう一人スペイン人のヨランダの3人でよくつるんでましたっけ。
SV202361.jpg
左上がヨランダで右上がエスナ。手前右の方はエスナのお姉ちゃん。

彼女が下宿していた家がKew Gardenのまん前にあったのでよくKewやRichmondでお茶したりお酒飲んだりトルコ料理作ってくれたこともあったなぁ。懐かしいです。
いつか一緒に仕事をしようね!と約束しているので実現できるよう私も頑張って作っていきます!!
なんだか無性にロンドンに行きたくなってきました~ o(^▽^)o

エスナの作品はこちらのリンクから閲覧できますよ→http://www.esna-su.com/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。