ローマンブリテンが熱い

ここのところ慌ただしく取り組んでいた用事がひと段落したので、この連休は我慢していた読書を解禁!
夜にワインとおつまみをお供に読書する時間がなんともぜいたくです。

赤ワインのお供は西友で見つけた赤ワイン用のおつまみアソート。
IMG_7504.jpg
中身はスモークチーズとサラミと干しブドウ。思ったよりも量が少なかったから一回分かな。
IMG_7507.jpg
中身はこんな感じ。これは一部で全部ではないですよ。

今読んでいるのはローズマリ・サトクリフ作の「落日の剣」 です。
IMG_7509.jpg
サトクリフ(1920-1992)は歴史小説家であり児童文学作家としても大変有名です。特にローマンブリテンと呼ばれるローマ人がイギリスを支配していた約400年あまりの時代(1世紀から4世紀頃のはなし)を題材にした作品が多いんですが、これが本当に面白くて!

イギリスに住んでいた頃、イギリスのあちこちでローマ帝国時代の遺跡が発掘されることを知りました。
当時の私はイギリスとローマが結びつかず不思議に思ったものです。
でもサトクリフの作品を読むうちに、ローマ風の住居跡、城壁、道路など私がイギリスで見た遺跡にローマ人が住んでいたんだとはっきり想像することができるようになりました。
当時のブリテン島は肌の色が浅黒くて体中に刺青を入れたピクト族などの部族やさまざまな士族が住んでいたそうです。いまのイギリス人の風貌からは想像できません。本ではローマ人の視点から描かれていて現代のイギリス人の祖先に当たるサクソン人達を「野蛮人」と形容してたりするんですよね。野蛮と言われたゆえんは省きますが、そんな時代背景を知ると意外でこれまた面白いポイントです。 当時の資料がほとんどないため、遺跡や出土品からインスピレーションを得たサトクリフの想像を交えているフィクションですが実際に遺跡に刻まれた人の名前とかを実在の人物の名前を使ってたりするんですって。小説を書いた後にその舞台となった場所から遺跡が発見されたこともあったらしいですよ。人の想像ってすごいですよね。
もしサトクリフに興味をもたれた方は、まず「第9軍団のワシ」「銀の枝」「ともしびをかかげて」「辺境のオオカミ」を読んだ後に私がいま読んでいる「落日の剣」を読むことをお勧めしますよ。世代を超えて話がつながってるんです。

今年はイギリスの児童文学作品をたくさん読んでますが、サトクリフは何冊目かわからないくらい読んでます。
児童文学って子供のための本と思われてる方が多いと思いますが、私の解釈では「大人と子供が共有できる本」です。
子供が読めるという視点から書いてあるので読みやすく理解しやすく書かれているうえに、話の内容は創造性豊かで感動的でいて社会への風刺もありで。大人にとっても教養や道徳心を養う貴重な素材だとおもってます。
ミヒャエル・エンデ作「モモ」やサン=テグジュペリ作「星の王子さま」なんてまさに世の中や大人を風刺したものでほんと考えさせられます。 児童文学作品は、お勧めです!
あ~語ってしまった・・
スポンサーサイト

hibimarche vol.8

外気がギンギンに冷えてます。週間天気予報はずっと雪マーク。 きますね、すぐですね。。

本日はイベントのお知らせです☆
今年もヒビマルシェに参加させていただくことになりました!
vol8.jpg

場所は昨年と同じ「OYOYOまち×アートセンターさっぽろ」です。
開催期間は12/7(Mon)-12/9(Wed)の三日間。 
私は初日の12/7(月)のみ参加させていただきますよ。
今回も選りすぐりの作家さんやお店が出展されるのでクリスマスギフトや自分へのご褒美とか可愛くて楽しくてお気に入りの一品が必ず見つかると思います!私も今からとても楽しみです~♪♪
出展者の情報はヒビマルシェのHPでどうぞ。

来年の春まで。。

文化の日 いかがお過ごしでしょうか。
私は深夜に映画を観てから寝たのですがたくさん寝たはずなのにボーっとしています。 最近寝る時間がいつもより遅いと寝起きが悪いんですよね。体がスキっとしないというか。

何を観たかっていうと実写版のシンデレラ。 シンデレラが純真でチャーミングで賢くて美しくって。。継母や義姉妹が嫉妬するのもわかるような気が。 ケイト・ブランシェットの妖艶な継母が迫力すごかったです。あと、フェアリーゴッドマザーのヘレナ・ボタム・カーター。笑えるくらいはまってましたね。 それからそれから、素敵過ぎる王子さま。深夜に王子様の美しさに見とれていました(笑) 


10/31の土曜日、イコロの森へ行ってきました。しかも日が暮れる直前だったので急ぎ足で散策。

IMG_7439.jpg
芝生だけが緑色。 
IMG_7452.jpg
花が散った後に残されたこういうのが好きです。
IMG_7440.jpg
ひとつだけ華やかに咲いていた花。
IMG_7471.jpg
ブラウンがかったピンクが素敵☆

早くまた新緑が輝くお庭を観に行きたいなぁ~といまから来年の春が待ち遠しいです・・♡ 
春を楽しみにしてないと長くて寒い冬を越せないですからね、私。

イコロの森の皆さまには今年も委託販売でお世話になりました。 
来年はどんな作品を置いていただこうかな。 来年もどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR